二流消費者金融【ここなら借りれる】一流がダメなら二流消費者金融で!

大手消費者金融で借りれない方は二流三流消費者金融で借りましょう☆

二流消費者金融

  1. 侮れない!二流と称される消費者金融の存在
  2. 大手消費者金融にはない中小金融事業者のメリット
  3. ブラックOKや限度額が超高額な消費者金融を知ろう
  4. ローン審査がシンプルかつ容易と言われる小さな消費者金融
  5. 多重債務者など大手が敬遠する人の受け入れ先が中小消費者金融

2ryu3ryu648.jpg
 

侮れない!二流と称される消費者金融の存在

消費者金融は人々にお金を貸してくれるありがたい存在です。しかし、その数は多数にのぼり、規模や営業地域などもそれぞれ異なります。

いわゆる大手消費者金融と呼ばれるような広告を大々的に打って、知名度も高い会社も多数ある一方で、中小消費者金融と呼ばれるような会社もあります。中にはこうした会社のことを二流消費者金融と呼ぶ人もいます。

しかし、経営規模が異なるために大手や中小という違いがあっても、一流や二流というランク付けをするようなものではありません。大手が一流ならば、二流と呼ばれる中小消費者金融には独自の魅力があり、人にとっては大手を利用するよりもメリットがあることも多いのです。

そのため、知名度などで言えば大手のほうがよく知られている存在ですが、それだけで無条件に中小消費者金融を度外視するのはやめましょう。二流消費者金融と呼ばれる中小消費者金融の多くは全国展開ではなく、どこかしらの地域や都道府県に根差した活動をおこなっています。そのため、地元の人々からSOSを求められたら、救いの手を差し伸べてあげたいと考えている会社が多いのです。

具体的には債務がすでに多い人の場合には通常ならば審査においてあまり良い印象を受けませんが、中小消費者金融の場合にはそのような方々であっても、積極的な融資を検討してくれる度量を持っているのです。

もちろん審査はしっかりとおこないますし、返済が可能なのかどうかというチェックもおこないますが、大手消費者金融のようになんでもかんでも杓子定規にマニュアルを当てはめて合否を決めるだけではなく、個別の事情などにも思いを馳せ、可能な限りは融資する方向で頑張ってくれるのが、二流消費者金融とも呼ばれる中小消費者金融のリアルな姿でもあるのです。

誰でも彼でもというほどではありませんが、大手で断られた方が中小消費者金融ならば融資OKとなったケースも多いため、二流などと見下したりせずに積極活用を検討しましょう。
  2ryu3ryu648.jpg
 

大手消費者金融にはない中小金融事業者のメリット

中小消費者金融は、大手のように広告を多数出すことができないという事情を抱えています。これは資本の違いです。

しかし、だからこそそれ以外の部分で勝負を仕掛けている、二流消費者金融とも呼ばれる中小消費者金融はたくさんあります。その現実を知れば、中小消費者金融業者のことを二流などと呼ぶことはできなくなるはずです。どのような特徴があるかと言えば、少々無茶ともいえるような融資も実行してくれるということです。

もちろん、法律を無視するというようなことではありません。たとえば総量規制のルールを無視して融資してしまえば、それはもはや違法な賃金業者となってしまうためにこうした法律は守った上での話ですが、たとえば審査において微妙なラインにギリギリいるような人の場合、大手消費者金融や銀行カードローンなどの中には即座に弾いてしまうこともあります。つまり、審査結果としては融資NGということになるのです。

しかしながら、中小消費者金融業者の場合には、このような顧客からの申し込みがあった際に融資するケースも多いわけです。もちろん、きちんと返済してくれるという確証を得たからこそ融資をおこなうわけですが、大手消費者金融の場合には数字しか見ないような審査がおこなわれることもありますが、中小消費者金融の場合には人間性などを見てくれることもあります。

また、あらゆる融資において現在の職場における勤続年数や現住所での居住年数なども重要視されます。大手の場合、勤続年数が短い場合や居住年数が浅い場合には、社内の審査基準に則ってそこに当てはまらない場合にはNGとしてしまうことが多いのですが、中小消費者金融会社の場合には、なぜ短いのかということも考えてくれます。

人それぞれ事情があって、ステップアップのための転職や家族の事情で引っ越すこともあります。大手は申込時に書いた内容のみでジャッジしてしまうことが多いのですが、中小消費者金融の場合にはもう1歩踏み込んできてくれて、申込者になぜ短いのかを聞いた上でその事情が理解できるものであれば、年数が短いことを問題視しないことがあると言われています。こうした柔軟な姿勢も魅力のひとつですから、お金を借りたいときには目を向けておきましょう。
  2ryu3ryu648.jpg
 

ブラックOKや限度額が超高額な消費者金融を知ろう

個人が各種金融機関からお金を借りた場合、借りている事実はもちろん、いくらの与信枠があるのか、さらにその中で実際いくら借りているのか、返済状況はどうなっているのかなど、事細かい借り入れ事情や返済事情は信用情報機関に集約されています。

これは各金融機関が申し込みがあった人の他社における状況を知り、審査する上で役立てるためにお互いに情報を提供し合って、金融機関同士が多重債務者などを掴まないために備わっている制度と言えます。そのため、本人が申し込み時に何を書こうとも、ここに照会することによってその人の他社における状況はすべて明らかになるので、これをもとに融資をおこなうかどうかをジャッジします。

ほかの会社ですでに多額のキャッシングがあったり、他者で借りているカードローンの返済が遅れているというような事実がわかればほとんどの業者は審査を通そうとしません。しかし、すべての賃金業者が同じような判断を下すかといえば、そうでもないのです。

ここで目をつけておきたいのが中小消費者金融企業です。広告などを見ている限りは、プロミスなどの大手消費者金融会社にばかり目が向きがちですが、広告こそ大々的ではないものの、しっかりと融資をおこなうことを生業としている中小規模の消費者金融会社もたくさんあります。

このような会社は、大手が断るようなケースであっても受け入れてくれる可能性が高いため、大手に行ってみたもののほとんど門前払いの状態だったという方や、まだ申し込みをおこなっていないものの、過去の事情から融資を受けられそうにないという方であっても審査を通してもらえる可能性がありますので、ぜひ中小の消費者金融会社に目を向けておきましょう。

中にはブラックOKとうたっている会社もありますし、限度額が数百万円単位などかなり高額な融資もおこなってくれる会社もあります。そのため、こちらを利用しておいたほうが話がスムーズで、尚且つ自分が借りたい金額をスムーズに融資してくれるということもあるのです。中には二流消費者金融などと揶揄する人もいますが、決してそのようなことを言えないありがたい存在だということを覚えておきましょう。
  2ryu3ryu648.jpg
 

ローン審査がシンプルかつ容易と言われる小さな消費者金融

銀行カードローンであれ消費者金融のキャッシングであれ、必ず審査があります。審査をおこなった上で融資が可能と業者サイドが判断すれば審査を通過して融資実行となります。

この審査基準はそれぞれの業者ごとに異なっていますが、それぞれの賃金業者は自社の審査基準を明らかにしていません。当然ながら社内には審査をおこなう社員が多数いますので、共通のルールが設けられているはずです。

しかし、それは門外不出となっています。審査を受けた人にはたとえ融資審査に通った方でも、審査になぜ通ったのか理由を伝えることはありませんし、落ちた方にも一切それは答えません。無論、落ちた場合には特になぜ落ちたのかを問い合わせる人もいますが、どんなにしつこく聞き出そうとしても絶対に答えてくれないのです。

そのため、ローンの審査基準は絶対にわかりません。ただし、実際に審査を受けた人々のデータを照合していくことによって、ある程度の審査の難易度はわかっています。たとえば年収300万円の正社員の場合にはどの会社なら通り、どの会社なら通らないのかということが今はネットのおかげで共有されています。

いわゆる口コミ情報というものですが、巨大掲示板などにこれが記載され、あらゆるスペックごとに審査に通りやすい会社なども紹介されています。同じ年収300万円でも正社員と契約社員では審査に通るか通らないかが違ってきますし、サラリーマンなのか公務員なのかでも違ってきます。そのため、それぞれのスペックごとにこの情報は異なるのですが、今はネットのおかげで多くの人が情報を持ち寄っているため、おおまかにわかるようになっているのです。

そして、このような中でローン審査がシンプルかつ容易と言われているのが、小さな消費者金融会社なのです。中小消費者金融業者は二流消費者金融ともいわれていますが、審査がなかなか通らないと不安を抱えている人にとってみれば、とても助かる存在なのです。そのため、とにかくお金を借りたいという目的があり、尚且つ確実に審査を通してほしいと考える場合には、この中小消費者金融業者は忘れられません。
  2ryu3ryu648.jpg

多重債務者など大手が敬遠する人の受け入れ先が中小消費者金融

複数の会社からキャッシングやカードローンを利用しており、それぞれから借り入れがあるような場合、状況次第では多重債務者というレッテルを張られてしまいます。この基準は様々ですが、たとえば5社程度から借り入れがあるような場合にはおのずと多重債務者になってしまうことが多いです。

また、今は年収の3分の1までの借り入れしかできないような法律がありますが、これにほぼ近いような借金があるような場合も多重債務者扱いされてしまうことがあります。

無論、これは業者側の受け止め方によって変わりますが、新たな融資の申し込みをした際に信用情報機関に照会をおこなったとき、すでに4社や5社の消費者金融会社や銀行カードローンを利用しているようであれば、たとえきちんと返済をおこなっていても多重債務者扱いされて融資をしてもらえないこともあります。

ただし、このような場合であっても、お金をどうしても融資してもらわないと困る事情もあるはずです。たとえば大人ですから人付き合いがあり、冠婚葬祭などどうしても行かなければならない席もあります。そうなればお金が必要になることもあり、急場をしのぐために新たな借入をしないといけないこともあるのです。

このような場合、大手消費者金融会社などの場合には即座に断られることが多いですし、銀行カードローンなども総じて審査で落とされてしまうこともあります。しかしながら、中小消費者金融業者の場合には話が少々異なるのです。

大手消費者金融会社が知名度も高いことからこれらを一流消費者金融会社と呼ぶ一方で、中小消費者金融業者は二流消費者金融などと称されることもあります。しかし、このような会社の中には、多重債務者など大手が敬遠したり毛嫌いするような人からの申し込みであっても、審査を通してくれる可能性が高いのです。そのため、最後の砦として中小消費者金融業者の存在は金策に走る人が覚えておきたいものです。

これから借りる業者を探す際にはぜひ検討してみましょう。安易にヤミ金などに手を出す人もいますが、その前に相談しておくべき存在は中小消費者金融業者なのです。
  2ryu3ryu648.jpg

件数:5件

1/1ページ

二流消費者金融はどんな金融業者?

2018年10月16日 15時33分

キャッシングができるのが消費者金融です。 昔風に言えばサラ金ですが、現在はサラ金と言われていた当時と比較して、消費者金融の数は10分の一程度です。 その理由はいろいろありますが、貸金業法の改正で消…

二流消費者金融でカードローンができる

2018年10月16日 15時36分

二流消費者金融の多くが機械化のシステムが構築されていないです。 キャッシングと言っても、カードローンができるところは少ないです。 コストをかけられない現状もありますが、インターネット申込、振込キャ…

多重債務には二流消費者金融の融資相談が良い

2018年10月16日 15時39分

多重債務者の大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちは痛いです。 何もたくさんは足りなくても良い、きちんと返済ができるのに。 返済能力があっても、多重債務の部分で借り過ぎ注意ということになり…

破産者対応の二流消費者金融、返済能力があればの話

2018年10月16日 15時43分

自己破産等の債務整理者で、数年でキャッシングの必要がある時には、二流消費者金融の審査をオススメします。 大手消費者金融や銀行カードローンでは、債務整理者は5年以上のブランクが必要です。しかし、二流消…

二流消費者金融では来社審査も健在

2018年10月16日 15時47分

二流消費者金融の典型というと、昔のサラ金形式の借り方を挙げる場合があります。 最近のカードローンは、WEB完結の顔を見ないキャッシングができます。 ところが、二流消費者金融のなかには、審査は対面で…